「My Days」のパート2です。日本各地を旅して四季折々の景色を楽しんでいます。。
京の桜紀行(5)京都御苑

JUGEMテーマ:

 

ここに来れば、何かしら咲いているだろうという思いで、毎度足を運んでいるのが京都御苑です。

 

近衛邸の枝垂れ桜は散ってしまっただろうと思いながら向かってみると

 

「ここにカワセミいますよ!」と近衛邸の池の前で、一眼レフを抱えている女性が教えてくれました。

 

私はコンパクトデジカメなので、それほど望遠も効かないし、こりゃ〜ダメだ(..;)と諦めかけたのですが

 

数枚チャレンジして、あとは動画で撮りました。

 

こちらがカメラで撮った静止画です。

 

 

何とか姿は捉えられました!

 

 

おれはオスですが、つがいで協力して、巣作りをしていたようです。

 

そして、枝垂れ桜は・・・

 

 

 

 

何とか残っていました\(^o^)/

 

おまけにサギも現れ・・・

 

 

八重桜、新緑、ユキヤナギも楽しめました。

 

 

 

 

 

 

ブログランキングに参加しています。

応援のクリックお願い致します!

 

 


以前の記事は、こちらをご覧ください。My Days http://shizuyashizu.jugem.jp/

| 19:06 | | comments(3) | - |
京の桜紀行(4)平安神宮神苑の桜

JUGEMテーマ:

 

京都滞在の初日、夕方直前に向かったのが平安神宮の神苑でした。

 

 

 

 

 

この日は、午後からにわか雨というあいにくのお天気で、空の色がぱっとしない曇り空の上、日が暮れかかる前で、例年のような綺麗な写真は撮れませんでした。

 

 

 

 

 

 

紅枝垂れ桜は、咲いてはいたものの、棚がまだスキスキのところが多く、満開になるのは後数日かかりそうでした。

 

 

 

こちらの棚もボリュームが足りませんね。

 

 

 

結局、今年も紅しだれコンサートのあたりが見頃だったのかな〜?

 

 

 

青紅葉が眩しい季節でもありますね。

 

 

 

ブログランキングに参加しています。

応援のクリックお願い致します!

 

 


以前の記事は、こちらをご覧ください。My Days http://shizuyashizu.jugem.jp/

 

| 20:33 | | comments(3) | - |
新緑の中に佇むスターバックス浜松城公園店

JUGEMテーマ:お城

 

現在の浜松城公園は、新緑やツツジやシャガなどの春の花に彩られ、今の時期、散策に最適です。

 

 

 

 

 

 

 

さる4月10日、待ちに待ったスターバックス浜松城公園店がオープンしました!

 

 

連日大賑わいです!

 

 

スタバなら他で飲んでもいいじゃない!というかもしれませんが・・・

 

 

浜松城公園の緑に囲まれた中にあり、天井が高く、窓が大きく作られているため、店内からも芝生広場の緑が臨めます。

 

 

晴れた日は、テラス席で爽やかな空気を吸いながら美味しいコーヒーを味わうのも良いでしょう。

 

 

浜松徳川武将隊の殺陣を楽しんだ後、こちらで初のコーヒーをいただきました。

 

 

 

おやっ!コーヒーの中に新緑が映り込んでいる!

 

 

なんて発見をしながら、しばしくつろぎのコーヒータイムを満喫。

 

一歩外に出ると、右手にはホテルコンコルド浜松が

 

 

左手には池があります。

 

 

 

 

日曜の昼下がり、近場でリフレッシュいたしました😄

 

ブログランキングに参加しています。

応援のクリックお願い致します!

 

 


以前の記事は、こちらをご覧ください。My Days http://shizuyashizu.jugem.jp/

 

| 13:19 | 浜松城 | comments(2) | - |
京の桜紀行2018(3)二条城の桜

JUGEMテーマ:

 

続いて向かったのが二条城

 

 

ここも毎年来ています。

 

 

桜の季節でなくても、一年を通して観光客が多いですね。

 

 

早速桜の園に向かいます。

 

 

見頃は過ぎていましたが、その中でもまだ勢いのある樹を選んで・・・

 

 

今年はこのようなハート型のフォトフレームが設置されていました。

 

 

それでは、清流園の方に向かいましょう。

 

 

ここは枝垂れ桜が多いですね。

 

 

まだ見頃を保っていてくれました。

 

 

 

 

 

ブログランキングに参加しています。

応援のクリックお願い致します!

 

 


以前の記事は、こちらをご覧ください。My Days http://shizuyashizu.jugem.jp/

 

 

 

| 21:25 | | comments(3) | - |
京の桜紀行2018(2)仁和寺の御室桜

JUGEMテーマ:

​平野神社から向かった先は、仁和寺です。

 

 

門前から桜がお出迎えきらきら

 

 

参道を彩る桜

 

 

 

 



​仁和寺といえば、有名な遅咲きの御室桜(おむろざくら)

 

 

まだ見たことがないので期待大!!

 

 

中門内の西側一帯に「御室桜」の林があります。
ここから桜の時期は有料になります。
「有明」「殿桜」「御車返」などの品種の桜が栽培されています。
江戸時代から名高く、貞亨元年の雍州府志には「今御室清水為一双」、享保三年の儒学者・貝原益軒貝原益軒の京城勝覧には
「春は此御境内の奥に八重ざくら多し。洛中洛外にて第一とす。吉野の山桜に対すべし、…花見る人多くして日々群衆せり…」
と絶賛されていたそうです。
大正13年に国の名勝に指定されました。
御室桜は、約200本あり、八重咲きで、樹高が低いのが特徴です。
これは、この地の岩盤が固く、深く根を張れないためだそう。
「花(鼻)が低い」ということから「お多福桜」ともいうそうで、京都では、背が低くて鼻が低い女性のことを「御室の桜のような」と評することがあるとか(^^ゞ
ここから見える五重塔とのショットが人気です。
満開は例年4月20日過ぎといいますが、今年は4月4日でこの満開状態でした!

 

 

ブログランキングに参加しています。

応援のクリックお願い致します!

 

 


以前の記事は、こちらをご覧ください。My Days http://shizuyashizu.jugem.jp/

| 12:57 | | comments(3) | - |
京の桜紀行2018(1)平野神社

JUGEMテーマ:

 

今年は、桜の開花が早く、あっという間に見頃の時期が終わってしまいましたね。
例年通り、4月上旬なら京都のどこでも桜が満開を迎えると思い、旅の予定を組んだのですが、今年は見事に予想が外れてしまいました(..;)
友人からは、もう京都の桜は終わっているよとも言われ、なかば諦め気味で京都に向かいました。
そこで、長い期間に渡って、様々な種の桜を愛でることができる
平野神社を訪ねました。
平野神社では、桜は生命力を高める象徴として、平安時代より植樹され、現在では約60種400本もあるそうです。
当社に珍種が多いのは、臣籍降下した氏族の氏神でもあったことから、蘇り、生産繁栄を願い各公家伝来の家の標となる桜を奉納したからと伝えられています。
平安期に、貴族たちは長い期間様々な桜を楽しみ、江戸時代になると庶民にも夜桜が開放され、「平野の夜桜」は都を代表する花見の名所となりました。


八重紅枝垂(やえべにしだれ) 4月中旬 八重
胡蝶(こちょう) 4月上旬開
大内山(おおうちやま) 4月中旬〜下旬開花
衣笠(きぬがさ) 4月中旬〜下旬開花
白雲桜(しらくも) 4月中旬〜下旬開花
有明(ありあけ) 4月中旬〜下旬開花 半八重
平野妹背(ひらのいもせ) 4月中旬〜下旬開花 八重
一葉(いちよう) 4月中旬〜下旬 八重
白妙(しろたえ) 4月中旬〜下旬 八重
平野突羽根(ひらのつくばね) 4月下旬〜5月上旬
鬱金(うこん) 4月中旬〜下旬開花 八重
みどり桜 4月上旬開花
庭桜(にわさくら) 4月中旬開花 八重
おけさ 4月中旬開花 八重
楊貴妃(ようきひ) 4月上旬〜中旬開花
朱雀(すじゃく) 4月中旬開花

毎年春に、平野神社には足を運ぶようにしていますが、今年は今まで見たことのない品種に出会うことができました。

 

 



ブログランキングに参加しています。

応援のクリックお願い致します!

 

 


以前の記事は、こちらをご覧ください。My Days http://shizuyashizu.jugem.jp/

 

| 11:54 | | comments(3) | - |
京都御所の参観(2)

JUGEMテーマ:京都

 


建礼門(けんれいもん)

修明門と春華門の間にあり、内裏南面の承明門に相対。左・右兵衛によって警固されました。

またこの門前において白馬節会 (あおうまのせちえ) や射礼 (じゃらい) 、相撲節 (すまいのせち) などが行われたことから,白馬の陣ともいわれたそうです。

檜皮葺、 切妻屋根の角柱の四脚門。

現在も天皇皇后及び外国元首級のみが通ることのできる、最も格式の高い門とされています。

建春門(けんしゅんもん)

平安宮内裏外郭の東正面にあり、内郭の宣陽門と相対しています。東西3間。

門のすぐ外に外記庁の建物があったことから「外記門」「宮東僻仗門」「左衛門陣」とも。


ブログランキングに参加しています。

応援のクリックお願い致します!

 

 

以前の記事は、こちらをご覧ください。My Days http://shizuyashizu.jugem.jp/

| 22:59 | 京都 | comments(2) | - |
気賀駅のホームの桜

JUGEMテーマ:

 

天竜浜名湖鉄道の気賀駅を覗いて見ました。

 

 

気賀駅のホームも桜や春の花々に彩られています。

 

 

 

赤い幕に井伊家の家紋が良いですね!

 

 

 

ちょうど電車が入ってきました。

 

 

今年の姫様道中は、4月7〜8日に開催されます。

 

 

ブログランキングに参加しています。

応援のクリックお願い致します!

 

 

 

以前の記事は、こちらをご覧ください。My Days http://shizuyashizu.jugem.jp/

| 15:04 | | comments(4) | - |
気賀の桜

JUGEMテーマ:

 

毎年、「姫様道中」が行われる気賀の土手の桜を見に出かけてきました。

 

 

お昼頃に着いた時には、既に車がいっぱい!

 

 

やっと一台分の場所を確保(^^ゞ

 

 

 

車の中や土手でお弁当を食べる家族連れの姿が多かったです。

 

 

 

 

 

今年の姫様道中は、4月7〜8日ですが、その頃には見頃を過ぎていそうですね。

 

 

ブログランキングに参加しています。

応援のクリックお願い致します!

 

 

 

以前の記事は、こちらをご覧ください。My Days http://shizuyashizu.jugem.jp/

 

| 21:37 | | comments(3) | - |
京都御所の参観(1)

JUGEMテーマ:京都

 

京都御所の参観は、以前は春秋の特別公開と、事前の予約が必要な一般公開でのみ見学で可能でしたが、2016年7月以降、申込手続不要の通年公開となりました。
そこで、昨年の秋、「国宝展」の帰りに、数年ぶりに見学してきました。
京都御所は、鎌倉時代中期から明治2年(1869年)まで歴代の天皇が居住し儀式・公務を執り行った場所であります。
現在のものは1855年(安政2)の造営です。
清涼殿の西にある書院造の建物は、主たる室の名をとって「諸大夫の間」と呼ばれています。
東から西へ3室があり、それぞれ「公卿の間」、「殿上人の間」、「諸大夫の間」と呼ばれています。
公卿の間は別名「虎の間」といい、参議以上の公家が使用。
殿上人の間は別名「鶴の間」といい、諸侯、所司代、高家らが使用。
諸大夫の間は別名「桜の間」といい、諸大夫が使用しました。
鶴の間、虎の間、桜の間はそれぞれの部屋の障壁画の画題にちなむ水墨淡彩であり、虎図は岸岱、鶴図は狩野永岳、桜図は原在照の筆。
諸大夫の間の北には「御車寄
南には大正天皇の即位式の時に造られた「新御車寄」があります。

ブログランキングに参加しています。

応援のクリックお願い致します!

 

 

 

以前の記事は、こちらをご覧ください。My Days http://shizuyashizu.jugem.jp/

| 22:38 | 京都 | comments(2) | - |
| 1/3PAGES | >>