08
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--
Profile
Select entries
Archives
Categories
Comment
Mobile
qrcode
Links
Sponsored links
Others

「半分青い」の岩村城下町(6)岩村醸造

JUGEMテーマ:国内旅行
 

 

次は、おんな城主という銘柄のお酒で有名な岩村醸造へ。
 

岩村醸造は、1787年(明7年)創業で、当時、現在の蔵元である渡會(わたらい)家が年貢として岩村城に納めていたお米を生かし、造り酒屋を始めたのが起源なのだそうです。
 

大正10年、岩村町でお酒の他に味噌、醤油も造りはじめ、その後、味噌・醤油の製造は止め、酒造業のみに専念しているそうです。

家屋は、江戸時代に建てられた往時の姿をそのまま残しており、 玄関を入ると、岩村醸造の主要銘柄「女城主」「えなのほまれ」のなどのが並んでいます。
 

 

 
奥に進んで行くと、「ウナギの寝床」のように狭くなり、 店先から中庭を抜けて酒蔵まで、酒や米の運搬に使われていたというトロッコ列車の線路跡レールの跡が見えます。(画面右)
 

 

 
中庭では、お酒の仕込みに使う天然水も飲むことができます。
 

 

 

 

 
この日は、暑かったので、甘酒ソフトクリームを店内でいただきました。
 

甘酒の香りがほんのりして、とっても美味しかったですよ!

そして、店内のほとんどのお酒が店頭で試飲可能です。
 

 

 

また、お土産用に小瓶のお酒もあります。
 

 
私は、おんな城主純米大吟醸の小瓶をお土産に買いました。
 


ブログランキングに参加しています。

応援のクリックお願い致します!

 

| 旅行 | 20:30 | comments(2) | - |